離婚する際の子供の親権について


 

親権とは

離婚においては、子供がいる場合に生じるものとして親権があります。

未成年の子供の場合には、婚姻中であれば、原則、父母双方が親権を行使することになりますが、離婚においては父親か母親のどちらか一方がその権利を有することになります。

つまり、親権とは子供の代理人として法律行為をする権利や義務のことを指し、親の責任を規定した内容全般のことが該当することになります。

また、離婚をする場合には、どちらか一方が親権者になる必要があり、未成年の子供がいる場合には、親権者を決めなければ離婚届が受理されないことを理解しておく必要があります。

 

 

親権の構成~財産管理権と身上監護権~

親権は、財産管理権と身上監護権の2つによって構成されますが、まず、財産管理権の内容としては、未成年の子供の財産を管理すると共に、法的手続きの代理に関して権利や義務が該当します。

一方、身上監護権においては、子供の身の回りの世話や、しつけや教育を行なうことに関係した権利や義務のことを指し、一般的には親権そのものの意味として捉えられています。

 

 

親権者決定の流れと手続き

親権者決定の流れとしては、通常は、当事者間の話合いによって行なわれますが、それぞれが親権を譲らないなどの場合には、

家庭裁判所に申立を行い、調停や裁判で決定をすることになります。

 

 

親権の判断基準

裁判所で親権者を決定する判断基準としては、大きな内容として子供に対しての考えがあり、ここでは、子供の利益や福祉を考慮した上で判断が行われます。

実際、判断においては、愛情、親権者の経済力、不在などの場合に代りに面倒を見てくれる人の有無、親権を求める者の年齢や健康状態、

住宅事情や学校関係といった内容が総合的に検討された上で判断が下されますが、10歳以下の場合には、多くは母親が親権者として選ばれています。

 

 

親権に関する注意点

親権に関しての注意点としては、どうしても経済力が問われることがあり、生活力が低い場合には認められない場合があることを理解しておく必要があります。

また、一度親権を相手側に渡してしまうと、例えば、生活が安定してから親権を得たいと思っても変更が非常に難しくなることも理解をしておくことが大切なことになります。

 

Copyright 2017 離婚弁護士プラス