離婚する際の年金分割の請求について~手続き・計算・相場・時効~

年金分割とは

年金分割という制度によって、専業主婦でも離婚後生活に困らなくなった、熟年離婚が増えた、という話を耳にしたことがある人もいるでしょう。

確かに長年専業主婦であった女性が熟年離婚をした場合にメリットが多い制度です。

年金分割とは、婚姻中に夫婦が払った厚生年金の保険料は、夫婦二人で払ったものとみなし、離婚時に分割する制度です。

妻が専業主婦の場合、妻は厚生年金を払っていませんが、夫が払った厚生年金の半分を受け取る権利があります。

これまで専業主婦が熟年離婚をすると、離婚後に受け取れる年金は国民年金のみでしたが、年金分割制度によって、受け取れる年金の額が多くなりました。

専業主婦の多い日本では、妻に有利な法改正と言えるでしょう。

年金分割の手続き

2007年4月以降に結婚し、離婚する場合は特別な手続きは要りません。

2007年4月以降に離婚する場合でも、2007年3月以前の年金分割は自動的に行われませんので、請求しなければなりません。

 

請求可能なものは婚姻期間中に支払った年金のみですので、婚姻期間が短いと受け取れる年金は少なくなります。

夫が受け取る年金の半分が受け取れるわけではなく、あくまでも婚姻期間中に支払った年金のみが分割される、というところが注意点です。

年金分割の割合と相場

年金には基礎年金、厚生年金、企業年金などの種類がありますが、年金分割されるのは厚生年金のみです。

学生結婚でもない限り、夫と同じ額の年金が受け取れることはありません。

分割する割合は、最大で半分で計算されますが、夫が同意しなければなりません。

もしも0.5で夫が同意しない場合、家庭裁判所に年金分割請求を行います。

裁判になればほぼ例外なく0.5が相場であり、夫が拒否しても夫が婚姻期間中に支払った厚生年金の半分は受け取れます。

裁判といっても、年金分割については審判の対象となりますので、分割割合で合意できなければ裁判所が審判にて決める、という流れになります。

年金分割請求の時効

年金分割請求の時効は離婚後2年までです。離婚した後でも請求できますが、

2年を過ぎると裁判では認められませんので注意してください。

 

 

Copyright 2017 離婚弁護士プラス