離婚 弁護士 宮城

最近の日本社会においては夫婦間の取り組みが非常に希薄化してきており、

特にあまり我慢ができないことが発生すればすぐに喧嘩になりひどいケースでは離婚に至ることもよくあります。

このような傾向にあることは日本全体で見たときに、3組に1組の夫婦が離婚するというデータから出ているように、

現在の日本においては離婚率の上昇が大きな問題となってきています。

 

宮城県の離婚についてですが、地方となると結婚の年齢も平均的に早まり、若くして結婚するケースが多いです。

しかしながら、経済的な基盤がしっかりしていないことから離婚に至るケースが多く、離婚率に関しても高めに出てしまう傾向にあります。

特に経済的な理由で離婚する夫婦においては、母親の方が子どもを引き取るケースが多いのですが、

母親のひとり親家庭においては非常に収入が少なくなる傾向にあるため、経済的にもますます苦しい状況が続いてしまう可能性があります。

 

そこで、宮城県のひとり親家庭への取組みとしては、このような母親のひとり親家庭においても県や市町村からの助成制度の紹介をしたり、

同じ悩みを抱えているひとり親に対して相談に乗ったり適切なアドバイスをしたりする活動を行っています。

また、宮城県のひとり親家庭支援団体では、ひとり親の苦しい経済状況においてしっかりとした手助けができるように、低い利率でなおかつ長期間の貸付を行ったり、

子どもが病気になった時には迅速にサポートするなど非常に多くの支援策が用意されています。

Copyright 2017 離婚弁護士プラス