離婚 弁護士 岩手

 

岩手県の離婚率は1.52%で全国平均の1.87%と比べても、また47都道府県の中でも42位と非常に低いと言えます(2014年統計局調べ)。
然し2011年に発生した「東日本大震災」で職場が被災するなどの影響により、
職を失ったり雇止めであったり等の理由で
収入が激減したひとり親世帯(特に立場の弱い母子家庭がより深刻な状況)が増えており憂慮すべき状況に有ります。

 

この様な厳しい状況に置かれたひとり親家庭に対して、岩手県は母子自立支援員の増員や適切な配置等で相談機能の充実・拡充を進め、
生活や子育ての悩み等の相談を福祉総合相談センター等で受け付け、ひとり親の不安を解消し心身の健康支援を行っています。

 

また、日常生活支援事業の実施により一時的に生活援助を実施し、さらに児童扶養手当を手厚く支給するとともに無利子や低利子の福祉目的の融資を実行し、

ひとり親家庭に対する経済的支援も実施しています。

 

そして就業支援対策として、母子家庭等就業・自立支援センターによる就業支援講習会を開く等の支援活動を行い、

自立支援教育訓練給付金や高等技能訓練促進費を支給す等を実施しています。

Copyright 2017 離婚弁護士プラス