離婚 弁護士 札幌


 

札幌は全国的に比べて離婚率が高くなっており、2014年では全国2位でした。

これは全国的にいえることですが、子供ができたから結婚を決めるという若い夫婦の増加が関係しているといわれています。

この場合、離婚をする確率が高くなるとされ、そういったケースが札幌では多いようです。

そんな離婚率の高い札幌ですが、ひとり親家庭への取組みは充実しており、ひとり親家庭を支援する団体も存在しています。

 

支援団体の主な活動内容としては、親の性別を問わず、ひとり親家庭に理解のある就労先を探すための説明会があったり、

母子家庭、父子家庭における生活のための相談が出来る窓口があります。

 

養育費や法律相談に関する窓口もあり、こちらも親の性別は問われません。

申請すれば、条件はあるものの児童扶養手当などの助成が受けられ、

無利子や低金利でお金を貸してくれる福祉サービスも受けることができます。

 

また、ひとり親を対象にした職業訓練や高校を卒業していないひとり親の高卒に対し、資格をとる支援事業も存在しています。

このように離婚率の高い札幌ではひとり親家庭に対する様々な支援を行っています。

Copyright 2017 離婚弁護士プラス