離婚 弁護士 秋田

最近では夫婦生活においては非常に疑問を持つ人が多くなってきています。

特に男性と女性の考え方については非常に違ってくるため、家族の中でもけんかが絶えなく、

お互いが譲歩しあうことがない場合には意見が分かれて離婚してしまうケースもあるため非常に気を付けなければならないことであります。

特に日本においても最近では離婚する人が増加し、割合でいえば3組に1組が離婚しているという結果となり、非常に問題になってきています。

 

秋田県の離婚率は1.4%と全国平均の1.8%を下回っていますが(2014年統計局調べ)、離婚の問題を軽視できません。

秋田では仕事に関してあまり恵まれていません。

子どもがいる夫婦が離婚し母親が子どもを引き取った場合、父親に養育費を支払ってもらうことになりますが、なかなか養育費を支払い続けてくれる父親も少なくなってきています。

 

このような状況にある中で、秋田県のひとり親家庭への取組みの一環としては、秋田県のひとり親家庭支援団体がそういったひとり親に対して相談窓口を開くことで、補助金制度の案内や融資の案内について教えてくれることがあります。

ひとり親にとっては金銭的な負担が非常に大きくなってくるため、このような制度を活用する人もいます。

さらには、ひとり親に対してより条件の良い就業アドバイスも実施しており、より多くの人が利用できるように窓口を開いています。

このようにひとり親家庭に対する取組みは行われていますが、まだまだ定着していないのが課題の一つです。

Copyright 2017 離婚弁護士プラス