離婚 弁護士 青森


 

青森県の離婚率は1.7%ほどです(2014年統計局調べ)。全国順位でいうと30位前後に該当します。全国平均は1.8%ほどですので、平均的な数値といえますが、

青森県では離婚による父子家庭、シングルマザーなどの「ひとり親」を深刻な問題ととらえ、様々な取組みがされています。

 

青森県のひとり親家庭への取組みはたくさんあり、経済的支援はもちろん、自立・就労に関する支援もされています。

例えば、大きな資金が必要な場合には12種類の貸付があり、18歳まで児童扶養手当が受けられるといった支援制度があります。

中でもひとり親家庭等医療費助成事業は大きな取組みであり、ひとり親の子供とその父、または母は医療費が軽減されるという支援制度です。

就労に関しても専門職員や支援員が派遣される場合があり、万全なサポートを受けることができます。

 

青森県のひとり親家庭支援団体として有名なのは、母子会と呼ばれる「青森県母子寡婦福祉連合会」です。ひとりで子育てを行い、

子どもの生活を支えている方の精神的サポートを中心とし、様々な取組みを行っている連合会です。

例えば、無料で相談できる電話によるサポートや、弁護士に直接相談できる相談会も実施しています。精神的なサポートだけでなく、社会復帰を目指す方のために就業支援も行っています。

履歴書作成の個人指導や、キャリアコンサルタントによる本格的な面接指導が受けられます。

 

このように青森県では、様々なひとり親家庭への取組みや支援が行われています。

Copyright 2017 離婚弁護士プラス