離婚する際の子供の戸籍について

最近の夫婦関係においては日本人では、結婚している夫婦の3組に1組が離婚してしまうという事実があり、アメリカになると2組に1組が離婚してしまう現状にあります。

これは、現在ではインターネットの普及により、非常に多くの人と、スマートフォンやパソコンを通してつながることができるため、

誰でもすぐに出会うことができるので、浮気をしてしまう人や、不倫をしてしまう人が多くなるなど、スマートフォンなどで便利になっている反面、夫婦生活にとっては非常に危険な状況になる点があげられます。

さらには、夫婦生活において、子どもがいない場合は離婚の手続きなどは、ある程度簡略化することができるのですが、子供がいる場合は非常に難しくなってきます。

特に、子供の養育費に関しては引き取り手に対して支払う必要があるのですが、なかなか継続して支払い続けることができる夫婦も少なくなって生きているのが課題の一つになっています。

 

戸籍とは本人がどこに本籍があるのかという情報を掲載している点と、本人の名前がきっちりと掲載されている書類となります。

離婚する際の子供の戸籍に関しては問題になることが多いです。

 

離婚する際の子供の戸籍の変更手続きの流れとしては、両親の離婚届けを出すのと同時に、戸籍が分かれることになりますので、

子供の戸籍を父親かもしくは母親かその他の戸籍に入籍させる必要があります。

このとき、名前に関しては、引き取る方の名前に合わせてあげるなどの注意点が必要になってきます。

さらには、本籍の所在地に関しても子供が親の戸籍のある方に移動するため、自分の本籍をきっちりと変更しておく必要があります。

 

子供にとって、親の離婚はその後の教育形成においては非常に大きな影響を与えてくる可能性があるので、十分な検討が必要となります。

Copyright 2017 離婚弁護士プラス