離婚で不受理届を撤回させる方法

不受理届とは

夫婦に離婚問題が起きた場合、すんなりと離婚が成立するということはごくまれです。

多かれ少なかれ、何らかの対立や合意の見られない問題を抱えて、問題が長引くことは珍しいことではありません。

そのような状況の中で、離婚を願っている夫婦の一方が相手に無断で離婚届を出すということがあります。

離婚届は必要事項が満たされていれば、筆跡が調べられることもなく、また、夫婦以外の親族などが提出することもできます。

そして、一旦受理されたものは簡単に取消すことができず、取消しには家庭裁判所の手続きを必要とします。

そこで、市区町村等の窓口に、あらかじめ相手からの離婚届を受理させない対策があります。それが離婚届の不受理届です。

 

この不受理届は、本籍地のある役所に提出すれば、その時点で受理となりますが、本籍地以外の役所に出した場合には、そこから本籍地へ送付されます。

その場合正式な受理までに数日かかることもあるので、この点も注意が必要です。

また、離婚を望んで話し合いを進めている段階で、相手に不受理届を出された場合も、離婚届は受理されません。

この不受理届は、出した方が取り下げない限り無期限に有効なものになります。

その間は離婚届を出しても受理されませんが、当人同士の状況によっては、このような状態を回避する必要が出てくることもあるでしょう。

しかしながら、夫婦の話し合いでは相手が取り下げてくれることは難しいかと思います。

不受理届を取り下げる方法

不受理届を相手に取り下げさせるには、まず離婚調停を行うことになります。

しかし離婚調停はあくまでもお互いの合意がなければ離婚成立とはなりませんので、もし調停でも合意に至らなかった場合、離婚裁判を行うことになります。

そこで双方にとって離婚することが望ましいとされれば、離婚することが可能です。

たとえ不受理届が出されていても、裁判所の判決には敵いません。

このように不受理届を取り下げる方法はありますが、論理的な交渉が重要なポイントになってきます。

そんなときは交渉ごとの得意な弁護士に相談することがおすすめです。

Copyright 2017 離婚弁護士プラス