離婚で弁護士に依頼するメリット

離婚をするときは、愛し合って結婚した夫婦であっても冷静な話し合いを進めることは難しいことは少なくありません。

そのような場合、弁護士に依頼することを検討される方もいらっしゃるかと思うのですが、

実際にあなたにとって弁護士は何をしてくれるのか気になりますよね?

そこで、離婚をする際の弁護士に依頼するメリットをご紹介していきます。

あなたにとって少しでも有利な解決へと導いてくれる

協議離婚や調停離婚等で話し合いを進めていく中で、自分に不利な条件へと話が進むことも少なくありません。

そのことに本人が気づいていないということもあり得ます。

また、相手側に弁護士が付いていた場合、あなたが有利に立つことは難しいでしょう。

そのようなことにならないよう、法律の専門知識をもった弁護士なら、あなたにとって少しでも有利な解決へと導きます。

あなたの主張を明確に代弁することも可能です。弁護士なら最後まであなたの離婚をサポートします。

あなたの負担を軽減してくれる

手続きや書類作成、話し合いの準備など、離婚をする際には様々な手続きが必要です。

これをあなたひとりで行うのは想像以上に労力を使うことになります。

弁護士はあなたに代わって手間のかかる手続きや書類作成をします。

また、あなたの代理人となって調停などに出ることも可能です。

離婚後のトラブルを防ぐ

話し合いによる協議離婚の場合、金銭面などを口約束で済ませてしまったために、離婚後お金が支払われないといったトラブルは少なくありません。

そういった場合、書面を交わしておく必要があるのですが、内容によってはそれが適用されないこともあります。

しかし弁護士であれば、内容に不備が法的に効力をもった書面の作成をサポートし、離婚後のトラブルを防ぎます。

最後に

弁護士に依頼すると、高額な費用が発生し、依頼するというのは気が引けてしまう方も多いでしょう。

しかし、上述したメリットを考えた場合、依頼するのとしないのではあなたにとってどちらが最善でしょうか?

 

・弁護士は費用が高いから…

弁護士の費用以上のお金が請求可能だったということも少なくありません。

・弁護士に依頼するのは手間がかかるから…

弁護士に依頼しなかった場合の方が何倍も手間がかかることが多いです。

 

もちろん、夫婦の話し合いで円満に解決可能であれば、弁護士の必要はありません。

しかし、慰謝料や財産分与、そして子供の養育費などのことで少しでもトラブルが発生しているのなら、弁護士に相談することを検討しましょう。

 

無料相談を行っている事務所も多くあります。

相談したからといって、必ず依頼しなければならないというわけではありません。

まずはあなたの悩みを打ち明けましょう。

そこから依頼するかを決めても遅くはありません。

 

離婚は一度に何度もあることではありません。

慎重に検討していくことを推奨致します。

 

 

Copyright 2017 離婚弁護士プラス