離婚で慰謝料の他に請求できるものは?

離婚する際に重要となってくるのはお金に関わる問題です。

慰謝料や子供の養育費などとは聞きなれた方も多いかと思います。

しかし、その他にも財産分与や婚姻費用などといったものがあります。

項目ごとにその概要を説明していきます。

■慰謝料

精神的苦痛に対する損害賠償金です。

金額の算定に明確な基準はなく、請求可能期間は不法行為から3年となっていますが、必ずしも慰謝料を請求できるというわけではありません。

性格や価値観の不一致といったどちらかが一方的に悪いというわけではない場合、慰謝料を請求することは難しくなります。

 

慰謝料に関する詳しい説明は「離婚の慰謝料請求~相場・時効・方法・理由・税金など~」をご参照ください。

 

■養育費

子供が成長するまでにかかる費用です。

子供を引き取り育てている親が、もう一方の親から子供が成長するまでの費用を分担する形で行われています。

ちなみに、養育費を払う期間は話し合いで決め、子供が成人するまで、大学卒業までなど案件によってそれぞれあります。

 

養育費に関する詳しい説明は「離婚する際の養育費について~計算方法・相場・再婚した場合・注意点など~」をご参照ください。

 

■財産分与

夫婦が婚姻中に築いた財産を清算、分配することです。

夫婦どちらの所有のものか明確になっていない場合、共有財産とみなされています。

ちなみにその財産とは、不動産、車、預貯金、有価証券、家財道具などが該当します。

離婚後2年以内は請求可能です。

 

財産分与に関する詳しい説明は「離婚する際の財産分与について~相場・対象・時効~」をご参照ください。

 

■婚姻費用

夫婦や子供といった家族が、通常の生活を維持するために必要となる費用です。

従って、離婚協議中に夫婦の一方が別居状態であっても生活費を支払わなければなりません。

離婚後2年が過ぎると請求できなくなる場合があります。

 

婚姻費用に関する詳しい説明は「離婚する際の婚姻費用の請求~相場・計算方法・手続き・時効~」をご参照ください。

 

■年金分割

夫婦がそれぞれ支払った厚生年金保険料を、分割する制度です。

旧来の年金制度では、配偶者の扶養で国民年金に加入していた妻は、夫に比べ年金所得が少なくなっていました。

しかし、これは不公平であるとされ、結婚している間は夫の支払った保険料の一部を妻も支払ったものとみなすとした制度です。

 

年金分割に関する詳しい説明は「離婚する際の年金分割の請求について~手続き・計算・相場・時効~」をご参照ください。

 

 

以上のように離婚する際請求できるものはいくつかありますが、その請求金額には注意しなければなりません。

例えば、慰謝料を請求する際、本当はもっと請求できたのに実際の金額より少なくなってしまうこともあります。

また、それぞれ請求できる期間があり、時効となってしまってからでは手遅れです。

そうなることのないよう、専門家である弁護士に、一度相談してみる事をおすすめします。

 

 

Copyright 2017 離婚弁護士プラス