離婚で準備しておくこと

夫婦や子供がいる家庭で仲良く暮らしていくのが理想的な家族というイメージもありますが、家庭内では、さまざまな事が起きるのも事実です。

ちょっとした意見の食い違いからケンカになることもあるでしょう。

仕事が忙しく家庭をおろそかにしてしまい、妻の不満がつのり、離婚するケースもあります。

また、その逆のパターンで家庭内のことを妻がやってくれず、離婚などのパターンもあるでしょう。

話し合いで解決する場合もありますが、不満がつのり我慢ができない状況になると、離婚をする可能性もでてきてしまいます。

離婚をする決意が固まったなら、いろいろと準備しておかねばならないことがあります。

離婚後の生活を考え、しっかりと準備をしておきましょう。

お金・費用

離婚前に準備しておくことは、まずお金です。

離婚後は、それぞれ別れて暮らすことになるので、金銭面はそれなりに準備しておかないと、先々困ることもでてきてしまいます。
離婚前から就職しているのなら心配ないのですが、新たに就職先を探すとなるなら、当分の生活費も必要です。

慰謝料などが請求できたとしても、その額が決まるまでには時間がかかります。

そのため、お金に関してはしっかりと準備しておきましょう。

住まい

次に住まいの確保です。マイホームの場合には、どちらかが住んでいる家に残り、片方が出て別の住居に移るというパターンや、

マイホームを売り、二人ともバラバラに住居を探すこともあります。

別れてからは、新たな生活が始まるため、仕事やプライベートで利便性のよい住まいを準備しておく必要があります。

ですが、あまり準備期間などがない場合もあります。今すぐ出ていくケースもあるでしょう。

そのような場合には、マンスリーマンションなど一時的に住み、精神的にも落ち着いてから新たに住まいを考えるのも一つの手段です。

共有財産

その他に、共有財産などもしっかりと分けることも大切です。

適当に処理をして後で話がこじれてしまうと厄介です。

知識があまりない場合には、弁護士に依頼するか、自分達で調べてしっかりと管理をするのかどうかを決めましょう。

基本的には弁護士に依頼したほうが、スムーズに解決する可能性があるので、弁護士に任せることもいいでしょう。

子供のこと

また、夫婦間だけの問題ではなく、子供がいる家庭の場合には、子供のための貯金や就職までの養育費などさまざまなことを決めなければなりません。

夫婦の仲がだめになったからといって、子供のことをおろそかにすることはできません。

子供の成長のため、将来のためを思うならば、自分達のことだけでなく、先々のこともしっかりと話し合う必要もあるでしょう。

 

結果的に別れることになり、ショックもあるでしょうが、その先の人生はまだ続きます。

お互いによりよい生活をするために、しっかりと準備をしておくことが大切です。

 

Copyright 2017 離婚弁護士プラス