離婚で相手が弁護士を付けていたときの対策

何らかの事情で離婚をすることになった場合、基本的には当事者同士で話し合いをすることが多いのですが場合によっては相手が弁護士をつけてくるということがあります。

相手が弁護士をつける理由としては慰謝料などの金銭面でできるだけ自分たちに有利に働きかけるようにする事であり、

場合によってはこちら側に過失があると言ってこちら側が不利になるように動いてくると言う可能性があります。

 

このように相手が離婚の際に弁護士をつけてきた場合、話し合いなど対応は全て弁護士と行うようになります。

そうなってくると専門的な知識を持っていないこちら側が不利になりやすいですし、精神的にも追い詰められやすく結果的に相手に有利に話し合いが進められてしまいます。

 

ではどのように対処すればいいのかというと、こちら側も弁護士に依頼して対応してもらうという方法をとりましょう。

というのも法律の専門家が出てきたのであれば対応するのも法律の専門家である方が対等に話し合いをすることができますし、

弁護士同士の方がスムーズに話し合いができるというケースも少なくありません。

なにより法律の専門家である弁護士に、私たちが交渉で敵う見込みはありません。

 

また相手がこちら側の事を悪く伝えていた場合も弁護士はそれを見浮くことができるので、逆に相手を不利な状況に追い詰めると言う事も可能となっています。

もしも弁護士に依頼するお金がないという場合でも、まずは相談と言う形でどのようにすればいいのかという対処方法を聞いてみるというのもひとつの手です。

 

詳しい弁護士に依頼するメリットについては「離婚で弁護士に依頼するメリット」をご覧ください。

Copyright 2017 離婚弁護士プラス