離婚の理由について

離婚は、他人同士である男女がお互いの同意によってするものであり、一種の契約と考えることもできます。

契約であるなら、お互いの同意があればいつでも離婚できることになります。

子供がいる場合には、子供の利害も関わってきますが、離婚をするのに子供の同意は必要ではありません。

夫と妻の両方の同意があれば、どのような理由があっても離婚をすることができます。

 

もしも、夫婦の一方が反対しているのに、一方の意志だけで離婚をしようとする場合には、一定の条件を満たしている必要があります。

その条件は民法770条1項で定められ、5つあります。

・不貞行為

・悪意の遺棄

・3年間の生死不明

・配偶者が強度の精神病にかかり、回復が見込めない

・その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

このうちどれか1つでも条件を満たしていれば、一方の意志で離婚をすることができます。

これらのうち、「不貞行為」とは、一般的に浮気・不倫と呼ばれているもので、

「悪意の遺棄」とは、正当な理由もなく別居をしたり、生活費を支払わないことなどを指します。

また、「その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき」というのは、夫婦仲が破たんしていて、回復が見込めない場合、

一方の意志による離婚が認められる可能性があるということです。

セックスレス、暴力・虐待などが主なものですが、性格の不一致でもこれに該当することがあります。

 

 

Copyright 2017 離婚弁護士プラス