離婚を拒否されるという方へ

相手に不満を持った場合、ギャンブルや借金、不倫・浮気などで我慢できなくなった場合は離婚をすることを考えるかと思います。

しかし離婚を相手に拒否されたら、どうしようと不安に思っている人も多いです。

 

もし、相手に離婚を拒否され説得できない場合は、調停委員という第三者を間に入れて話し合いをする離婚調停をすることになります。

離婚調停を行うことで、直接相手と向き合うことはかなり少なくなりますし、法の仲介が入りますので非常に安心感があります。

しかしながら離婚調停をするときは手続きも大変で面倒なことがたくさんありますし、原因となるのが例えば相手の浮気の場合はその証拠を集めることも大変です。

このように自分ひとりではかなり労力を必要とする作業ですが、弁護士に相談をすることで煩雑な手続きを弁護士が仲介者としてすべて作業を行ってくれるというメリットがあります。

詳しい弁護士のメリットに関しては「離婚で弁護士に依頼するメリット」をご覧ください。

Copyright 2017 離婚弁護士プラス